女性なら誰しも一度は通ると思われる年齢肌。 化粧品などは若い頃から流行のものを使っていくものでなく、年齢肌対策したものを おすすめします。

menu

年齢肌の対策をしましょ!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
スポンサーリンク

40代なりますと素肌の老化が速いペースで進行し、シミやしわ、たるみ、くすみと言われる
トラブルが目に見える感じで出てくるようになっていくと思います。
それ相応の肌のお手入れをしっかり行なうことが重要であるわけですが、
乳液選びではあなた自身の肌環境をしっかり見極めたうえで効果的なアイテムを選んでいく
姿勢が欠かせないようになると思います。

年齢肌に保護膜をするだけに限らず、美容効果も備えているアイテム

乳液の本来の狙いは素肌に保護膜をして水分や化粧水、美容液成分が
蒸発して消え失せないようにすることです。
しかしながら40代にも達するとその目的だけに限らず
美容効果にも注目してチョイスしていくのが基本条件となります。
化粧水や美容液の働きが失われ無いようにすることのみでなく、
補ってさらに効果を確かなものにすることも見込んでいくことが重要であるわけです。

基本的にはやっぱり保湿効果。これについては30代と一緒になっていますが、
年齢肌の進行も念頭に置いたうえで保湿対策を実施していくことが重要になります。
40代になると加齢と乾燥が一緒になって
相互に影響を与えながらより一層速度を速めていきます。
双方同時進行でアプローチするイメージで対策を行っていかない限りは
十分な効果が見られない可能性もあるからです。
例えて言えば保湿成分ばかりを補っても加齢によって角質層から無くなっていく
セラミドやヒアルロン酸による乾燥に歯止めをかけるのが困難になるはずです。
そんな訳で保湿成分を補いつつ、
加齢による含有量の低下そのものをストップさせていくことが大切だと思います。

40代年齢肌対策には、抗酸化成分や保湿成分を効果的に補えるアイテム

そのような点からセラミドだけじゃなく保湿成分に加えて
ビタミンC誘導体に代表される抗酸化作用のあるものがどれくらい配合されているか、
もしくは素肌環境を正常化しターンオーバーの活性化を促進する成分が
どのくらい配合されているかに注意を払いながら
乳液を選択していくことになると思います。

この乳液を使用することで自分の素肌がどういう感じで変わって、
正常化するのかを頭の中でイメージして検証することが必要でしょう。

スポンサーリンク

40代の女性に人気の乳液・美容液ランキング ベスト5



クレ・ド・ポー ボーテ クレーム アンタンシヴ

紫外線や乾燥などの日中ダメージを受けた肌をすこやかに輝かせるクリーム状乳液(夜用)。
乾燥と紫外線などのダメージを受けた肌になじみ、
ハリと弾力のある生命感に満ちた輝き肌に整えます。
イルミネイティングコンプレックスEX(保湿・整肌)、
美白有効成分4MSK(4-メトキシサリチル酸カリウム塩)配合。
メラニン生成を抑え、シミ・ソバカスを防ぎます。
しっとりとコクのあるクリームタイプで、
ふっくらとうるおいのある肌に。深みのある華やかな香り。

本体価格:50g・13,000円


ファンケル 無添加 アクティブコンディショニング EX 乳液 II

角層を美しく育むアクティブセラミドと、
独自の適応型コラーゲンを配合したコクのある乳液。
濃密なヴェールで肌をしっとりと包み込んでシールし、
うるおいと美容成分をしっかりキープ。
ふっくらハリのある肌を保ちます。しっとりタイプ。

本体価格:30ml・1,700円


ミノン アミノモイスト モイストチャージ ミルク

伸びがよく、すっと肌になじんでうるおいを閉じ込めます。
コクのある濃厚なテクスチャーなのにべたつかず、
乾燥でごわついた角質層にも浸透、なめらかな柔肌に仕上げます。

本体価格:100g . 2,000円


Dior カプチュール トータル ドリームスキン アドバンスト

ドリームスキンの乳液がさらに進化しました。
視覚的効果を高め、使い心地の良さを極め、
「夢のような美しい素肌」という製品名に応えるように、
より完璧な素肌の質感を叶えます。
さらにSKPsレベルから肌の再生力を活性化し、
肌の深層から目に見える若々しさを届けます。

容量・本体価格
30ml・12,000円


ヴェレダ カレンドラ ベビーミルクローション

潤いを与え、きめ細やかな肌に整える乳液。
カレンドラエキスが肌荒れを和らげ清浄に保ち、
アーモンド油が肌からの水分の蒸発を防ぎ、ハリのあるなめらかな肌になります。
顔だけでなく全身に使用できます。

本体価格:200ml・2,200円

その後はやはり素肌への負担をできる限り回避すること。
塗付しやすくなじみやすいアイテムで摩擦による
肌ダメージを避けるのも重視されるポイントです。
素肌に負担をかける添加物にも注意を払いつつ、
あなた自身にベストなアイテムをチョイスしていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

最近のコメント