女性なら誰しも一度は通ると思われる年齢肌。 化粧品などは若い頃から流行のものを使っていくものでなく、年齢肌対策したものを おすすめします。

menu

年齢肌の対策をしましょ!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
スポンサーリンク

50代年齢肌対策の乳液選びには
ほんの少し贅沢なくらいのこだわりを持ちが大事になってきます。
もうすでに年齢の進行によって
色々なトラブルを抱きかかえてしまっている場合がほとんどなので、
その対策に対応できるアイテムが望ましいからです。
今日では予想を超えた効果効能を狙って広い範囲に亘る有効成分を配合している乳液が
市販されていますから、
それらの中からあなた自身に適していると思えるものをセレクトしてみましょう

50代の年齢肌には、皮脂膜の代わりになるもの

とにかく目安にしてなるのはやはり肌を保護膜をする働きと保湿効果です。
化粧水や美容液でエイジングケアを実施した効果が奪われないよう
しっかりと保護膜をした上でさらにケアの仕上げとして
保湿効果を補うのが50代の乳液使いのポイントです。
50代ともなると皮脂の分泌量がずいぶん減少し、
表面上の皮脂膜が作られにくい状況に陥っていますから、
乳液にはそれを上手に補う役割が重要になります。
40代までのものに比べて
やや油分が多めのタイプをセレクトしていくのが間違いないでしょう。
これについてはクリームとの相性も意識した上で確かめるとよいでしょう。
また、オイルは人間の肌との性質がよくなじみやすいものの方が
保護膜をする優れた効果が発揮されるでしょう。
ホホバオイルやオリーブオイルなどが含まれたアイテムがピッタリです。

あなたの肌トラブルを改善してくれる成分

それを踏まえて
自身が抱いている悩みに有効性の高い乳液をセレクトしていくとよいでしょう。
肌トラブルが深刻な場合には
グリチルリチン酸ジカリウムと同じ様な
抗炎症成分、シミ・くすみの悩みを抱えている状態なら
美白成分が含まれているアイテムはいかがでしょうか。
しかしながら、
これらの成分は効き目が高ければ高いほどお肌へのダメージも大きい面もあるため、
ご自身の肌の状態、刺激に対してはどのくらい耐えてくれるかを
よく見極めた上で見定めていくことも大事になってきます。
それからもちろん、
年齢肌の進行を遅らせるための抗酸化成分も上手にして頂きいきたいところです。

スポンサーリンク

50代の女性に人気の乳液・美容液ランキング ベスト5


シスレー エコロジカル コムパウンド

1980年発売
肌本来の美しくなろうとする力を引き出す美容乳液。
朝鮮人参が弾力を保ちます。肌質とトーンを調整し肌にうるおいをあたえ、
ソフトでしっとりとした肌に導きます。

本体価格:60ml・14,500円 / 125ml・23,500円


エリクシール エンリッチド エ
マルジョン CB I

濃密でリッチなうるおいを肌のすみずみにいきわたらせ、
毎日、ハリ・つやあふれる新鮮で上質な肌を守り育む、
プレミアムな乳液です。
Iはしっとりタイプ。 角層エモリエント成分配合で、
角層の細胞間脂質を整え保湿し、なめらかな肌へ導きます。
ラグジュアリー感のある心地よいブーケドフルールの香りです。

本体価格:130ml・7.560円


ソフィーナ ボーテ 高保湿乳液 しっとり

30代・40代の肌に。みずみずしく、
うるおい密度が高いハリ肌へ。
iTPS複合体(※1)(保湿)を配合した乳液です。
乾燥して乱れがちな角層細胞の間のうるおい保持層を密に整え、
水分を逃さず、角層が長時間うるおい続ける持続型セラミドケア処方。
美白有効成分(※2)がメラニンの生成を抑え、シミ・ソバカスを防ぎます。
ほのかな花雫の香り。
※1 チューベロース多糖体、ユーカリエキス、ショウキョウ(ショウガ根)エキス、グリセリン
※2 美白有効成分として、カモミラET配合

本体価格:60g・3.200円


ソフィーナ ボーテ 夜の美白濃密乳液 しっとり

美容液レベルの保湿効果で、たっぷりのうるおいで満たし、
翌朝までうるおい感が続きます。
乾燥による小じわを目立たなくし、ハリを与えます。
ほのかな花雫の香り。

本体価格:40g・3,000円


エクサージュホワイト ピュアホワイト ミルク II

まるで角層が“うるおいのタンク”に変わったように、
これ以上ないほどたっぷりのみずみずしさを一日中キープ。
どんな時でも抜群のコンディションを保つから、
光の反射も美しく、いつでも輝くような白肌に。
まろやかなコクのある感触で、
肌のすみずみまでとろけるようになじみながら、
うるおいの保護膜を作ります。

本体価格:110g・3,000円 / 200g・5,000円

お肌への刺激・負担につきましては
防腐剤や合成香料といった添加物にも注意したいですね。
そのような添加物が出来る限り含まれておらず、
安全性が高い乳液が最もお勧めです。
それ相応のコストなどの負担が大きくなっていきますが、
50代の年齢肌ともなれば
そうしたコスト面も出し惜しみしないスタンスも必要になるでしょう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2017年9月
« 6月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

最近のコメント